海で日焼けして赤くなりたくない!飲む日焼け止めは効く?

それ以外の理由私が飲む日焼け止めを始めた理由は上のような3つが主な理由ですが、それ以外にも飲む日焼け止めのメリットというものはいくつかあります。

 

海で日焼けして赤くなりたくない!飲む日焼け止めは効く?

 

まずクリームが塗れないところでもケアできるということ髪の毛屋みなとどうしてもクリームでは対処しきれない場所があります。

 

そういうところの日焼け対策に成増そしてやはり秋や冬に夏と同じような対策大津付けるのは無理だと思います。

 

サプリなら一粒から2坪ポンと口に入れて飲み込むだけなので一年中続けられると思いました。

 

簡単に全身のケアができるそんなところが飲む日焼け止めを始めた訳でした。

 

飲む日焼け止めの効果的な飲み方

1日1回飲むだけで簡単に光老化の対策ができる飲む日焼け止めですが、せっかく飲むなら効果的に使いたいものです。

 

このページでは飲む日焼け止めの効果的な飲み方を選ん店紹介したいと思います。

 

成分によって違う飲む日焼け止めは健康食品の一つつまり薬ではありません。

 

そのためいつどのくらい飲まないといけないという決まりはありません。

 

ですが、成分の特徴から考えてこの時間に飲んだ方が良いという効果的な飲み方はありますので、その成分に合わせて飲み方を工夫した方が良いと思います。

 

まずヘリオケアに代表されるplエキスという顔日焼け止めの成分は30分前に飲んで日焼けの対策をすることが推奨されています。

 

持続時間も4時間ぐらい

で朝飲んで午後にも外に出る場合は追加で飲むことがおすすめされています。

 

一方ニュートロックスサンという飲む日焼け止めの成分は30分後前に飲むようなものではなく1日効果が持続するといわれています。

 

それで外出前に飲まないといけないというな決まりはなく1日1回決められた時間に飲むのが良いそうです。

 

飲み続けることヘリオケアのような外出する前に飲むというようなものもありますが、日本で販売されている多くの飲む日焼け止めはニュートロックスサンが含まれていて即効性はありません。

 

飲み続けるとだんだんと紫外線に対する効果が期待できるようになるという研究結果も発表されていて外出がある日に飲むというよりは毎日決められた時間で飲み続けるほうがよいようです。

 

85日間250mg飲み方ロック酸を摂取することで紫外線に対するカバー力が56%高まったということも発表されていて続けることの大切さが伺えます。

 

外側からの対策も行う飲む日焼け止めはこれひとつで紫外線対策ができると考えている人もいるようですが、実際には外側からの対策もしないと駄目です。

 

飲む日焼け止めは100%紫外線をカットするものではなくそもそも仕組みが違うのでスプレータイプやクリームタイプの日焼け止めを使って外側からもシャットアウトする必要があります。

 

しかし飲む日焼け止めを使っていると紫外線に対する抵抗力が高まるので塗る日焼け止めのSPFを落としたり塗り忘れてもそれほどひどい日焼けをしないなどある程度のバックアップをしてくくれるので日焼け止めクリームの負担を減らすことができます。

 

紫外線が多い時に合わせる

ニュートロックスサンのような日本で発売されている日焼け止めは1日効果が持続するからいつ飲んでもいいと書いてあります。

 

というのは夜は全く紫外線を浴びませんし、紫外線を浴びるのは主に朝から昼にかけて通勤や通学の時間などではないでしょうか。

 

そのような時間に日焼け止めクリームを塗ったり化粧をしたりしますので、そのタイミングで飲めば飲み忘れる心配も泣く効果的だと思うからです。