髪の毛の日焼け、頭皮の日焼けを防ぐ日焼け止めってあるの

美しい髪の毛を生やすためには肌の状態良くしないといけないのですが、紫外線をモロに受けていては健やかな髪の毛を生やすことができません。

 

髪の毛の日焼け、頭皮の日焼けを防ぐ日焼け止めってあるの

 

そうしないと乾燥してしまったり異常が起きたりして髪の毛がゴワゴワになってしまいます。

 

一番大切な方法は帽子や日傘でしっかりと紫外線をカットするということです。

 

そして髪の毛の分け目は皮膚が露出していますが、そこばかりに太陽光線が当たるとそこの皮膚が負担になって抜け毛のもとになります。

 

分け目はたまに場所を変えた方がいいです。

 

しなんなら頭皮の紫外線クリームを塗った方が良い場合もあります。

 

髪の毛の紫外線の影響

はあまり目立ちませんが、長い間にどんどんと傷がついていきます。

 

髪の毛は一ヶ月で1センチ伸びるといわれていますので、12センチある髪の毛は1年前のものですが、すぐにきれいにしょう。

 

と思ってもそんな簡単に早く伸びるものではないのでそうならないために元々紫外線対策を行っていく方がいいのです。

 

紫外線の影響から身を守るためにはSPFやPAが高いものを使うほうがいいですが、髪の毛の影響を考えると10時間から16時間紫外線の影響をカットしてくれるトリートメントスプレータイプの紫外線カットアイテムなどが重要です。

 

 

もし日焼けしてしまったらとるべき対策方法は
海や散歩などでいつもよく日焼けしてしまったらどうしたらいいでしょうか。

 

まず真っ先に行わないといけないのは冷やして熱をとるということです。

 

美容液はその後です。

 

まずは保冷剤や濡れタオルなどで皮膚の熱をしっかりと取って火傷を直さないといけません。

 

日焼けが火傷というのは大袈裟と思うかもしれませんが、ハワイでそのまま日焼け止めクリームを塗らずに過ごしていると水ぶくれができるほどひどい日焼けをすることがあります。

 

実際に日焼けはやけどだといっても過言ではありません。

 

もし肌が日焼けしてしまったら冷やすことが大切です。

 

そしてスキンケアの方法でも注意ポイントがあってすぐに美白化粧品を使わないことです。

 

肌が落ち着くまでは保湿だけを行って美白はしないようにします。

 

そしてヒリヒリ感が治って肌が元の状態に戻ったら美白化粧品を少しずつ再開していきます。

 

日光を浴びすぎたら

美白化粧品でシミをできないようにする
紫外線をたくさん浴びてしまった時は美白ケアを早く行うことが大切です。

 

火傷のような状態になってしまったら化粧品は使えないと書きましたが、そこまで行かずに少しだけ黒くなりそうだという時はシミが出来ないように美白化粧品をさっさと使うことが大切です。

 

メラニンは3日から4日で作られます。

 

日光浴びると3-4日で肌が黒くなってくるのを実感すると思います。

 

ですので、72時間以内に美白化粧品を始めることが大切です。

 

肌が黒くなるまでは3日間のタイムラグがありますので、その間にメラニンが生成されるという命令をブロックすることで肌が黒ずむことを防ぐことができます。

 

ビタミンC誘導体やトラネキサム酸などが含まれている美白化粧品メラニンの生成を抑える成分やメラノサイトへの命令を止めてくれる成分入っているものであれば日焼けをしてしまっても肌が黒くならずに済むかもしれません。

 

3日以内に行うことが重要です。

 

さらに効果を高めるためのポイントとしては入浴後に肌が血行が良い状態で吸収率が高まっているときに行うことが大切です。

食べ物で紫外線の影響を防ぐには

紫外線を浴びたら皮膚の中でシミのもとになる活性酸素が大量に生まれます。

 

これは紫外線に当たった後皮膚の中で起こることなので浴びてしまった後にも食べ物でのケアは有効だということを表します。

 

紫外線ダメージから皮膚を保ってくれる成分としてはビタミンエースが挙げられます。

 

ビタミンエースはビタミンAとビタミンCとビタミンEを総称したいい方で鰻やブロッコリーアボカドそして夏などに含まれているこのようなビタミンCが抗酸化作用を発揮し皮膚にシミができるのを防いでくれます。