日焼け後ケア、すぐに美白せずに馬油などで保湿する

日焼け後ケア、すぐに美白せずに馬油などで保湿する

 

一般に人は100ミリグラム摂取すればいいと呼ばれていますが、美白に効果が期待できる量はそれの20倍で2g取らないといけないということです。

 

しかし2グラムのビタミンCを取るというのは非常に難しいことでそのためにたくさんの果物を食べて太ってしまっては本末転倒になります。

 

そして最近は水耕栽培されている野菜などが多くビタミンCやビタミンbビタミンEなどの含有量が落ちていると呼ばれています。

 

ですので、タンニンビタミンCがたくさん入っている食べ物を食べたらいいというわけではありません。

 

それならいっそのことサプリメントでビタミンCをとったほうがいいと思います。

 

サプリメントで摂ることで脂肪や脂質などの余計な成分を取らなくて済みますし、ビタミンCがたくさん入っている食品を選ばないといけないという献立作りの縛りが解放されます。

 

ビタミンCはどさっと1回でとると効果がありません。

 

というのは水溶性ビタミンで溢れてしまった分は全部尿中に放出されてしまうからです。

 

どうやってとるかというとやはり1日3回から4回に分けて取る方が良いでしょう。

 

それ以外にビタミンEも大切です。

 

ビタミンEはナッツや植物オイルそして、うなぎなどに多く含まれているものですが、酸化しているものは逆効果になって活性酸素を増やしてしまうので鮮度の良いナッツ類や肴類などを食べる方がおすすめです。

 

 

焼けにくい肌にするためには

焼けにくいにすることもできます。

 

美白化粧品で黒ずみを解消するのも大切ですが、紫外線が非常に多い所に行く場合は焼けにくい肌にしておかないといけません。

 

食べ物で焼きにくい肌にすることができます。

 

ハワイや沖縄など紫外線が非常に強い所に行く前は、2週間前から抗酸化成分が入っている食べ物や美白成分が厳選されているコスメを使っていくことが必要です。

 

ビタミンCなどがたくさん摂取できると肌の紫外線ダメージを受けにくくすることができます。

 

ビタミンC誘導体やビタミンCが含まれている食べ物や美白化粧品は肌の抗酸化力をアップさせます。

 

太陽に負けない肌を作ることができます。

 

海や沖縄で肌が焼けにくくするためにはどうしたらいいでしょうか。

 

大体紫外線が強い所に行く前は肌を焼けにくくしていくことが必要ですが、それにプラスして美容液を工夫することがあります。

 

抗酸化作用のある成分

と200効果がある成分が入っている美容液を使うことで紫外線の影響が弱くなります。

 

そして紫外線に当たっても活性酸素を除去するなど修復力が高い皮膚いい換えることができます。

 

ファンデーションをすると汗や皮脂などで薬でくることが気になりますが、塗り直すことで紫外線に対する影響をカットすることができます。

 

その時に使えるのがBBクリームです。

 

BBクリームは日焼け止めや肌の色が白かったり黒かったりしている場合スキンケアの保湿効果があるなど色々な役割を果たしてくれるクリームです。

 

あまり化粧品に興味がないという方でもBBクリームの効果だけは知っていると思います。

 

肌をもっと頑丈に紫外線から守るためにはパウダーを使うことがおすすめです。

 

パウダーをつけると紫外線を跳ね返してくれます。

 

引用:インナーパラソルの口コミと評判

 

髪の毛と頭皮の紫外線カットも

これからは必要
オゾンホールが大きくなって紫外線が強くなっている今一番てっぺんの頭の皮膚や髪の毛の紫外線対策も必要になってきています。

 

実は肌以外にも髪の毛は紫外線の影響を受けやすくダメージが気になります。

 

実際にどのくらいの影響があるかというと、髪の毛や頭皮に与える紫外線の影響は普段のお肌に与える影響の4倍から5倍ととても多く髪の毛がゴワゴワするだけでなく頭皮に強いダメージを与えています。