出来てしまった日焼けのシミを取る薬はトレチノイン

出来てしまった日焼けのシミを取る薬はトレチノイン

例えば農家のおじさんが肌がすべすべ、という事は考えられません。

 

出来てしまった日焼けのシミを取る薬はトレチノイン

 

やはり黒くなって焦げ焦げたような色になっていてしわくちゃになっていると思います。

 

それはやはり紫外線を浴びている量がすごく多いからです。

 

出来てしまったシミを取るにはできてしまったシミを取る有効な方法はまだ見つかっていませんが、対処療法的な方法はいくつか考案されています。

 

例えばトレチノインを使った方法があります。

 

トレチノインはターンオーバーを活発にしてくれてシワやシミを取るのに使われています。

 

これはお医者さんで出される薬で一般的に入手することはできません。

 

レチノールは体内で作られないので食事から食べることが必要です。

 

レチノールは体の中に入るとトレチノインに変わります。

 

そしてトレチノインは細胞とくっついて細胞守ってくれます。

 

トレチノインは若返りの薬

トレチノインは、若返りをすることができる素晴らしい成分だともてはやされていますが、最近ではレチノールを含まれている化粧品を販売することができるようになっていますが、これはレチノイン酸ほど効果はないのですが、一定の効果はあるようです。

 

しかし強い効果を求めたい場合はレチノイン酸が含まれている医薬品を使ったほうがいいと思います。

 

肌が白いということは女性にとって嬉しいことです。

 

そのためにビタミンC誘導体アルブチンそして工事山野エラグ酸そしてリノール酸など様々な美白と呼ばれている成分が使われていますが、これらは一応にチロシナーゼという酵素の働きを抑えてメラニンをあまり作らないようにすることができます。

 

チロシナーゼというのはチロシンからメラニンに変換する時の必要な酵素でこれを抑えることでメラニンの生成を抑えることができます。

 

しかしできてしまったメラニンを排出するという効果はまた別の薬で行わないといけません。

 

美白化粧品には薬用化粧品というものがあり実際に紫外線が影響で起こるしみを防ぐ効果があるものもあります。

 

実際には化粧品というのは薬ではないのです。

 

すぐに効果が出るわけではありませんが、これから生まれるメラニン色素を根絶することができるので使っていて損はないでしょう。

 

今は2002年ですが、2000年頃から今日は休みが少なくなるケミカルピーリングやレーザー治療など様々な治療が生まれていました。

 

しかしトラブルなどもつきもので思ったような効果が得られなかったかえって悪くなってしまったということもあります。

 

ですので、インフォームドコンセントを元に行っていく必要があります。

 

真っ黒に焼けてしまった場合はどうしたらいいのか

実際に野球やサッカーをしている子供達では実際に真っ黒に焼けてしまっているということも多いと思います。

 

そうすると今から自分の子は癌になってしまうのか発がん性を抑えることができないのかということが心配になってきますが、先ほどお話したように肌の質には3種類あって8割の方は肌が黒くなりやすい人です。

 

肌が黒くなりやすいという人はメラニンをたくさん作ることが出来太陽の紫外線をカットする力が比較的強いということができます。

 

ですので、それほど紫外線の影響を気にする必要はないと思います。

 

しかしだからといって何もしないでもいいというわけではなくて長く浴びていれば良くないこともあると思います。

 

ですので、日焼け止めクリームを塗ることを重視したほうがいいと思います。

 

日焼け止めクリームというのは学校で使うのが禁止されている場合もありますが、そのような場合はちゃんと先生に野球にクリーム塗らないといけない理由を説明して納得してもらえましょう。

 

汗をかくと日焼け止めクリームは流れてしまうのでどうしても家で塗った後学校に行って一回も塗り直さなくて済むということはないからです。

 

SPFの値は高いものの方が紫外線Bをカットする力が強いです。

 

しかし紫外線をカットすることも忘れないにしておく必要があります。

 

これはPAの値が+2以上のものを使えばいいと思います。