海での日焼け対策方法

海で日焼けしない対策

海やプールに行く時日焼け対策をしっかりしておかないといけません。

 

そうしないと背中が真っ赤になってしまいます。日焼けもして黒くなります。その上何年か後にシミやそばかすなどになって肌の老化をもたらすかもしれません。

 

このページではそんな海やプールに行く時の日焼け対策にどんなことができるのか、飲む日焼け止めとは何なのかについてみていきたいと思います。

 

海やプールでの日焼け対策にできる3つの方法

  • ラッシュガードを着用する
  • ウォータープルーフの日焼け止めをつける
  • 飲む日焼け止めを使う

 

ラッシュガードを着用する

海で日焼けしない対策

ラッシュガードというのはUVカット効果があるパーカーのようなものですが、海に行く時、紫外線が強いビーチに行くときなどに必ず必要になってくるものです。

 

これは水着の上に着用しておくことで日焼けをカットする効果があり肌が焼けるの大幅に防いでくれます。

 

日焼け止めは水につかり落ちてしまうというデメリットがありますが、ラッシュガードならそんなデメリットがありません。

 

ただ着用していると海やプールで泳ぐときひらひらとして泳ぎにくいということや、柄のあるものを使うと柄の模様で焼けてしまうロゴマークの形の日焼けができるといった別のトラブルもあります。

 

ウォータープルーフの日焼け止め

海で日焼けしない対策

ラッシュガードを着用した上でも肌の出る部分にはやはりウォータープルーフの日焼け止めを使う必要があります。

 

ウォータープルーフの日焼け止めはどれでもいいというわけではなく耐水時間がしっかりと測定されているものでないと効果が途中で落ちるかもしれません。

 

耐水時間が測定されているものはアネッサ金やアリーなどですが、どれも値段が高いです。一回で購入できるラッシュガードの方が値段が安いと思う方もいるかもしれません。

 

日焼け止めを塗る時はウォータープルーフであってもしっかりと塗りむらがないように対策をしておかないと焼けるところと焼けないところができてまだらになってしまうこともあります。

 

よく聞くのが耳の後ろなどに塗り忘れて日焼けをしてしまうこと首や顎など忘れないようにしっかり塗りましょう。

 

飲む日焼け止めで内側から対策

海で日焼けしない対策

最後に紹介するのが飲む日焼け止めです。

 

塗る日焼け止めとは違って飲む日焼け止めというのはサプリメント形式で体内に取り込んで紫外線をケアしていくものです。

 

なぜ飲んでも効果があるのかというと紫外線をカットする効果はありませんが、紫外線が皮膚に当たった後の肌のダメージをカバーする効果があるからです。

 

肌にあたると肌に炎症を起こしたり赤くなったりなどしますが、それを内側から対策して行こうというのが飲む日焼け止めの考え方です。

 

飲む日焼け止めの3つのポイント

海で日焼けしない対策
ラッシュガードや日焼け止めは多くの人はすでに使っていて使い方や効果などを良くしていると思います。

 

このページではまだ新しくて知っている人が少ないため、飲む日焼け止めというのがどんなものなのかなぜ海やプールに行く時に飲んでおくのが効果的なのかという点についてみていきたいと思います。

 

飲む日焼け止めの3つの効果と特徴

  1. 日焼けに負けない皮膚を作る
  2. 紫外線の肌ダメージを抑える
  3. 数年後のシミやそばかす対策に

 

日焼けに負けない皮膚を作る

海やプールに入ったあと肌がヒリヒリと赤くなって痛いことがあると思います。

 

その後は皮膚が少しずつ黒くなっていきます。それがなぜ起きるのかというと紫外線Bという種類の紫外線が皮膚に当たると印象が起きてしまうからです。

 

飲む日焼け止めに含まれている有効成分にはそんな紫外線Bのダメージを和らげてくれるサポート効果がありますので、内側から日差しに負けない肌を作るということができます。

 

皮膚に肌ダメージをガード

紫外線の肌ダメージを抑える2つ目の効果に紫外線が当たった時の肌ダメージを抑えてくれるというサポート効果があります。

 

飲む日焼け止めには抗酸化力の高い成分や保湿できる成分セラミドなどが含まれていて紫外線が当たった時の肌ダメージをカバーすることができます。

 

なぜ保湿や抗酸化物質が必要かというと、乾燥している肌は紫外線に弱いこと。抗酸化力は紫外線の肌のサビつきをサポートしてくれるからです。

 

数年後のシミやそばかすを対策する

プールに入ってすぐ後にできるのはサンタンやサンバーンと呼ばれる紫外線の被害です。これは俗にいう日焼けです。

 

日焼けというのは実はこれだけではなくそばかすやシミの原因になることが分かっています。

 

そんなそばかすやシミを作らないために効果的なのが効酸化力の高い成分といえば、ビタミンCやトマトのリコピンなどこのような成分をたくさん配合している日焼け専用のサプリメントが飲む日焼け止めです。

 

海やプールで飲む日焼け止めが効果的なポイント

飲む日焼け止めには上のような3つの効果があるのですが、

  • 一番便利だというところは
  • 日焼け止めクリームのように流れて落ちてしまわないということ
  • 内側から身体全体をケアできるということそして
  • ラッシュガードのように着用する時の着心地の悪さなどがない

ことです。

 

飲む日焼け止めは内側からサポートするので日焼け止めのように海水で落ちることがありませんし、目や頭皮など日焼け止めクリームが塗りづらい所を全体的に対策できるということもあります。

 

そしてラッシュガードや様々な日傘などは手がふさがったり水から上がった時に気持ち悪いというデメリットがありますが、飲む日焼け止めなら一つ飲むだけで簡単です。

 

プールや海の対策に効果的な飲む日焼け止め

プールや海に行く時に使いやすい飲む日焼け止めを紹介しますので、内側からも対策してみたいという方はチェックしてみてください。

 

ホワイトヴェール

1日2粒飲むだけでとても簡単に対策できる

 

海で日焼けしない対策

 

ホワイトヴェールは1日2粒飲むことで紫外線をサポートしてくれるサプリメントで昨年から非常に人気があります。

 

どんな成分が使われているかというとニュートロックスサンという専用の紫外線サポート成分が10年掛けて開発されて飲むと少しずつ効果が高まるといわれています。

 

このサプリメントが人気の理由は購入しやすい、1回でも解約できる初回費用が安いそして色々な成分が贅沢に取れるというところがあります。

 

迷ったら一番人気があるホワイトヴェールをおすすめします。

 

やかないサプリ

1週間前から飲んで内側からサポート

 

海で日焼けしない対策

 

やかないサプリは海やプールなどに行く予定が決まってから1週間前から毎日一個ずつ飲んで内側からサポートするサプリメントです。

 

他のサプリは毎日一個飲んで行きますが、このサプリは1週間前から日差しに負けない肌を作るために飲んで行きます。

 

配合されている成分はヘリオケアに含まれている成分や国内の飲む日焼け止めによく使われているローズマリーのエキス、そしてやかないサプリのメイン成分であるパインセラエキスなど保湿成分や抗酸化力なる成分が内側から紫外線対策をサポートしていきます。

 

やかないサプリがプールや海におすすめなのは理由があります。

 

それは一袋だけでも気軽に注文できるところ。他のサプリは定期で購入することが推奨されてその分安くなるのですが、回数縛りがあります。

 

やかないサプリはプールや海のように一回だけだ対策したいという時に使いやすいです。

 

インナーパラソル

ニュートロックスサンが250mg取れる

 

海で日焼けしない対策

 

インナーパラソルは成分が中止のサプリメントでニュートロックスサンというメインの成分が必要な量をしっかりと配合されています。

 

ニュートロックスサンは飲み続けると効果が少しずつ上がっていく日焼けサポート成分で他のサプリメントにももちろん含まれているのですが、インナーパラソルが他のサプリと違うのは沢山配合されているところつまりしっかりとした効果を期待したい方におすすめです。

 

ただし値段も1ランク上です。

 

海やプールで一回だけ使いたい時は単品で購入することになると思いますが、7000円をしてしまいますので、かなり敷居が高くなってしまいそうです。

 

海で日焼けしたくないとき、このサイトが参考になりました。

 

一番おすすめはホワイトヴェール

どれを選んだら良いのかと悩む方がいるかもしれませんが、そのような方は1位のホワイトベールがおすすめです。

 

ホワイトヴェールは人気ランキングナンバーワンで配合されている成分が多いのに値段も安くそして一回だけ注文することもできてとても便利です。

 

海やプールの時は一回でいいと思いますが、そんな方も気軽に注文できます。

 

日焼け止めもしっかり

飲む日焼け止めは全身をケアすることができるとても便利なグッズなのですが、紫外線を遮る力はありませんので、ラッシュガードや日焼け止めもしっかりと併用して行って下さい。

 

内側からと外側からでダブルケアをすることで一番効果が高まると思います。

 

プールに行く時日焼け対策をしている方の感想プールに行く予定ですが、久しぶりなのでどんな対策をしておいた方がいいかわかりません。極力焼きたくないので2時間おきに塗り直したいと思いますが、それ以外に帽子やタオルで水から上がっている時に対策します。